Blog

台風や大雨や

daily 2018.09.05.

ここ数年、大きな自然災害が多くて、その度に心が重くなる。

昨日の台風が心配で大阪の実家に連絡を取ると、5時間の停電とベランダの屋根が吹き飛ばされたとのこと。

ええー!ってびっくりしたけど、関空の被害を見てると納得。

実家は南海本線沿線なので、タンカー衝突の映像は本当にショッキングだった。

大阪の人は分かると思うけど、いつも台風は来れど、さほど大きな被害はない。

学校が中止になってラッキーというような台風のニュースがそういう訳には全くいかなくなってしまった。

先の集中豪雨だったり、この夏の異常な暑さだったり、ここまで常軌を逸した天候はここ何年かのことで、一昔前はこんなではなかった。

こうも異常な気候になってくると、正直、歌詞とか表現の世界にも影響が出て来る。

事実、雨の歌とか歌いづらいし、「カミナリグモ」というバンド名にも後ろめたさを感じてしまったり。

バンドでイベントライブに出て、天気が悪いときなんかに、「僕らのせいで〜」みたいな、そういうのがシャレじゃなくなってきている。

夏の暑さや降る雨の、叙情的なそういうこれまでの自分の身に染みた感覚が、覆されそうになっていて、何だかなぁと。

昨今の空模様をうらめしく感じると共に、やはりこの異常気象は人間活動の仕業だと思うので、何とか抜本的な対策を打たないと取り返しがつかなくなってしまうのではないか。

人間は自分勝手で弱い生き物なので、強制的にルールと罰則を設けて何かを変えないと。。

今月は東京で弾き語りワンマンと来月はyokoさんと大阪にいきます。

あんな曲、こんな曲をみっちり練習していますが、普通に声が出ることが本当に幸せで。

気のせいか、前より自分の声を自分の耳で聴けるようになったというか、歌いやすくなった感覚がある。

また新しい動きもあるのでその準備をしていたり、取り急ぎの近況報告でした。

Blog

Archive