Blog

“開幕” が好き

baseball 2018.03.29.

物心ついてもう何度目の開幕だろうか。

野球に興味を持ち始めたのはいつだっただろうと記憶を辿ると、南海ホークスがダイエー(現ソフトバンク)に身売りをしたシーズンだったと思う。

父方の祖父が南海電車に勤めていたということもあり、その流れで父親が大の南海ホークスファン。

初めて連れて行ってもらった大阪球場では、南海ホークス身売り反対の署名運動で賑わっていたので、調べるとそれは1988年だった。

もう一チーム、母方の実家が広島の影響でセリーグではカープ、パリーグではホークスを応援する、というのが少年時代のプロ野球応援スタイルで、インターネットもない時代、年に数回の球場観戦、たまにあるテレビ中継、夜の野球ニュース、翌朝の新聞記事を駆使して、この二チームの戦績に一喜一憂していたものだった。

1988年、カープは3位、しばらくAクラスの常連で、1991年には優勝もしているので、当時は強豪チーム。

一方でホークスは福岡移転後も長らく低迷。
1999年に20年ぶりに移転後初優勝を果たすと今では資金力も育成力もある不動の強豪チームとなった。

逆にホークスの台頭に合わせて低迷していったのがカープで、有望選手の流出、獲得困難など理不尽な時代を乗り越えて、25年ぶり優勝、二連覇と復権したのが今現在。

ということで、時代は巡り巡る。

野球を見始めた当時、阪神タイガースはたけし軍団に負けたほど弱かったし、その前に黄金期があったり、昨今、低迷している中日は数年前まで落合政権下で隙のない絶対的なチームだった。

昨年球団最多敗戦を記録したヤクルトスワローズは二年前に優勝しているのだから、きっとそういうことだ。

今強い、弱いは大きなことではあるけれど、長い目で見たら、どちらもあるからおもしろい。

ずっとそのまま変わらないことの方が難しいし、そんなことはありえない。

長年、低迷していたチームを応援していたせいか、”開幕” が好き。

全部リセットされるからね。

人生も巡り巡って、時にはリセットして「開幕」したり、何だか自然とそういう風になっている気がする。

だから今、大変な人もそのうち、流れが変わりますよ、きっと。

その逆もしかり。

今思いつくことやできることに日々向かっていくしかないのだ。

そう、今年もぴあ発刊「WE LOVE CARP」の予想コーナーに参加したので是非、見てみて下さい。

やはり投手力が鍵。左腕好きの自分としては高橋昂也投手に期待しています!

Blog

Archive