Blog

daily, music 2017.08.05.

同じテーマ

ようやく新しい音源を形にすることができました!

まだまだ音源になっていない曲もたくさんあるのでほんの一部ですが、聞き応えのあるEPになったと思います。

ここ数年、曲を作るにあたって、特に歌詞を書く時に、痛感することがあって。

自分の世界の幅の狭さというか、あれも言った、これも言ったみたいに、いつも主人公は似たような表現ばかり。

自分らしい、というと聞こえはいいけども、どうにもこうにも同じテーマをずっと歌っている気がしていて、、

飽きられてしまったり、でも新たに好きになってくれたり、中にはずっと好きでいてくれる変わり者の似た者同士の人たちもいてくれたり、本当に何かを表現するというのは不思議な活動だと思う。

音楽に限らず、ご飯屋さんとかも含めて、何かを表現し続けていく、というのはそういうことなのかなぁ。

あそこのあのラーメン屋さんに久しぶりに行きたい、とか誰かの世界にとって音楽はそういうことの一つ、なのだと思うと、少し肩の荷が降りるような気分になる。

これまでと違うことをしようとか、もっと幅を広げないと、とか、そういうことを考えては行き詰まったりもしたけれど、最近は良い意味で変われないことに諦めもついた、というか。

気が向くことをやっていれば、その中で自然な変化もあるだろうし、評価はどうあれ、それが人生としては、最良な気が今はしています。

生まれてから今まで世界はどんどん加速していって、もはやめまぐるしいのに、これからまたスピードアップするとなると、もう振りほどかれてどこかの時代にある日、ふわっと置いていかれそうな気がしている。

でもきっとそれはみんなも同じで、状況が変わって音楽に携われなくなる人もいれば、どこかでまた再会できたり、グルグル回っているうねりのような何かの中で、手足をバタバタさせている内にその手が誰かにぶつかったら、「やあ、久しぶり」みたいな、そんな感覚かなぁ。

カミナリグモの休止もあってしばらく行けてない地域もあって、元気かなぁとふと思い浮かぶ顔がたくさんある。

お客さん、バンドマン、媒体やイベントでお世話になった方々、もっと言うと学生時代の友人なんかもそうだ。

SNSで繋がったりするのはどうも苦手なのだけど、きっとその渦の中ではみんな繋がっていて、ギリギリ溺れないくらいでもがいていれば、どこかでふと巡り合ったり、巡り合わなかったり、風の噂を聞いたり、聞かなかったり、そんな感じがちょうど良い。

新しい音源は結局また、同じテーマを歌った4曲入りです。

またCDやツアーのことなど、情報はこまめに出して行きますのでお楽しみに。

  • facebook page button
  • instagram button
  • Youtube button
  • Twitter button